title3

みなさま、初めまして。
診療所内で薬剤師をしている中野と申します。
今日からお薬にまつわるよもやま話を配信していきます。

感冒(かんぼう)とはいわゆる「かぜ」のこと。
発症する原因は空気中の様々なウイルスや細菌ですが、その種類を特定できることは稀です。このためウイルスや細菌を退治する薬では感冒を治すことはできません。

主な症状は発熱・咳・鼻水などで、これらはお薬で緩和することができます。
病院にかかると症状に応じて複数のお薬を処方されることになります(医師が処方するお薬は1粒に1成分が主流です)が、それらを1粒にまとめた物が市販薬(ドラッグストアや薬局で販売されている薬)の総合感冒薬です。意外に思われるかもしれませんが、主成分は医療用医薬品と同じ成分が同等の量で含まれていることが多いです。

市販薬というと効き目が弱いという印象を受ける方がいらっしゃるかもしれません。
市販薬は「病気を治す」よりも「症状を我慢できる範囲に抑える」ことに長けています。先にも述べましたが、感冒はそもそも治すお薬がありません。感冒はご自身の自然治癒力でもって治されます。ですから、感冒に用いるお薬は医師が処方する薬でも、市販薬でも症状を緩和するという目的と効果に大きな差はありません。

新型コロナウイルスの流行で医療機関にかかるのも一苦労のこの頃です。
ちょっとしたかぜの症状は総合感冒薬を使って様子を見てみるのも一つの手ではないでしょうか。
いろんな製剤がありますが、どれを買うか困ったときは薬剤師にご相談ください。
もちろん、良くならない、悪化するというときは当院にご来院ください。